読書好き・中条あやみさんの愛読書・好きな漫画,音楽など。幸田もも子「センセイ君主」

 

 

 

公式的なプロフィール欄には

趣味欄に「読書」と書いている女優・モデルの中条あやみさん。

 

 

1997年生まれ。

大阪府出身。

 

 

フランスの高級ブランド「シャネル」にも注目されている注目モデル・女優。

パリコレのシャネルのショーに度々招かれている事で有名。

シャネルの来日ショーにも小松菜奈さんと共に出演したことあり。

 

 

 

 

 

【好きな作家】

不明

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • 白石麻衣写真集「パスポート」・・・・・大好きだと公言する白石麻衣さんの大ヒット写真集。アナザースカイで白石さん共演した際は、持参した写真集に直筆サインをもらって喜ぶ姿が放送された。
  • △是久昌信「夢をかなえた38人の物語。 断言する。情熱で人生は変えられる。」・・・・・ブクログ公式アカウントのツイートによると、TBS系ビビットにてこの本が紹介された模様。ただし、番組未確認のため、100%正確な情報ではありません。

 

 

 

 

【愛読漫画】

  • 幸田もも子「センセイ君主」・・・・薦められて読んだところ「キュンキュンした」という作品

 

その他はまだ不明。

 

 

 

 

 

【読んだ事のある本/マンガ(お気に入り度不明)】

 

  • 那波マオ「3D彼女 リアルガール」・・・・・・映画出演の話が決まってから読んだとインタビューで語る。

 

 

 

 

 

【好きな音楽】

  • 山口百恵・・・・・特に好きな曲は「プレイバックpart2」

 

 

 

【好きな映画】

  • ソラニン

 

 

 

 

 

 

「夢をかなえた38人の物語。 断言する。情熱で人生は変えられる。」内容(「BOOK」データベースより)

35ドルと夢を握って家出し、50歳で年収200億円のマドンナ。

ボツになった原稿が全世界4億5000万冊の「ハリーポッター」。

アインシュタインもディズニーもココ・シャネルも誰もが絶望から這い上がり、情熱だけを持って夢をかなえていったのだ。

成功の光と影を学ぶことで、あなたのなかにあるやる気、元気、勇気、そして情熱がわいてくる1冊!

 

 

 

 

幸田もも子「センセイ君主」第1巻内容紹介

告白7連敗中の佐丸あゆはが出会ったのは、超イケメンだけどメチャ横暴なヒネクレ教師!!

でも(超微妙に)優しい所もあったりして、あゆはの心はグングン恋愛モードに突入。

難攻不落の弘光先生相手に、あゆはの恋は実るのか!?

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(女優/女性タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
オードリー・若林正恭さんの好きな作家,愛読書とは? - 村上龍・村上春樹・藤沢周を併読

 

 

 

 

インタビュー記事や番組発言参考。

芸人の中でも特に読書家として有名。

 

 

2018年夏には旅エッセイ「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」にて

斎藤茂太賞を受賞し、本の帯にて椎名誠さんに絶賛される。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 村上龍・・・・・若林さんが最初に好きになった作家。ほとんどの作品を読破している
  • 藤沢周・・・・・・NHK-BS「週刊ブックレビュー」にもMCとして出演した純文学系作家
  • 村上春樹
  • 中村文則
  • 島田雅彦
  • 吉本ばなな
  • 伊坂幸太郎
  • 田口ランディ
  • レイモンド・カーヴァー

 

 

 

【知り合いの作家】

  • 西加奈子・・・・・・一つ年上の作家でため口で話せるほどの仲。フジテレビ系「僕らの時代」で、若林×山里×西加奈子の3人対談が放送された事もあり。

 

 

 

 

【愛読書】

  • 藤沢周「オレンジ・アンド・タール」・・・・・・藤沢作品で特に好きだという作品で、「人生の一冊」ともいえる本であるそうです。
  • 藤沢周「ブエノスアイレス午前零時」・・・・・・芥川賞受賞作
  • 村上龍「69 - sixty nine-」・・・・インタビュー記事で「一番好きな本」として挙げた事がある作品
  • 村上龍「限りなく透明に近いブルー」・・・・・・村上作品で最初に呼んだという芥川賞受賞作。内容には問題あり。
  • 村上龍「無趣味のすすめ」
  • 川上未映子「すべて真夜中の恋人」
  • 平野啓一郎「ドーン」
  • 本谷有希子「幸せ最高ありがとうマジで!」
  • レイモンド・カーヴァー「大聖堂」・・・・・・短篇集

 

 

 

【解説文を寄せている本】

  • 山里亮太「天才はあきらめた」・・・・・若林さんが天才だと称する山里さんの作品。巻末に解説文を寄せている。かなりこの本を気に入っていると思われるものの、山里さんはライバルだという事もあり、まだどのメディアでも「愛読書」には挙げていない。

 

 

 

 

【好きな映画】

  • フィールド・オブ・ドリームス

 

 

 

 

【読書データ】

  • 純文学作品が明確に好き
  • 本屋に行くのが趣味
  • 特に村上龍さんが好き

 

 

 


 

 

沢山ある愛読書の中で、一体どれを読んだらいいか?

 

 

 

読書が苦手な人

 

 

 

 

 

 

村上龍「無趣味のすすめ」

文庫190ページ

こちらは小説ではなく、エッセイ(コラム)系作品。

そして、1篇あたり3ページ程度のため、小説嫌いの人でも気楽に読める。

 

 

 

 

 

初心者向け

 

 

 

 

川上未映子「すべて真夜中の恋人」

文庫版360ページ

爆笑問題の大田さんも絶賛する恋愛小説。

読みやすいラブストーリーがいいならこちらがおすすめ。

 

 

 

中級者向け

 

 

藤沢周「オレンジ・アンド・タール」

文庫248ページ

若林さんが「人生の一冊」と語る一冊のため、

小説を読むのが得意なかたはこちらを読んでみるのがベストといえます。

 

 

 

 

上級者向け

 

 

 

村上春樹作品色々。

(若林さんはどの作品が一番なのか不明)

難解なため、純文学が苦手な人は途中で挫折する恐れあり。

 

 

初期の村上作品は、道徳上の問題があるため(ドラッグ問題など)、こちらでは一切おすすめしません。

 

 

 

 

 

 

藤沢周「オレンジ・アンド・タール」内容(「BOOK」データベースより)

高校でアウトロー的存在のカズキは、スケボーに熱中して毎日を送る。

今日も伝説のスケートボーダーのトモロウのところへ相談に行く彼の心に影を落としているのは、

同級生が学校の屋上から落ちて死んだことだった。

そして、目の前で事件は起きた。自分って何なんだよ、なんで生きてるんだよ―青春の悩みを赤裸々に描いた快作。

 

 

 

 

川上未映子「すべて真夜中の恋人」内容紹介

「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う」。

わたしは、人と言葉を交わしたりすることにさえ自信がもてない。

誰もいない部屋で校正の仕事をする、そんな日々のなかで三束さんにであった――。

芥川賞作家が描く究極の恋愛は、心迷うすべての人にかけがえのない光を教えてくれる。

渾身の長編小説。

 

 

 

 

村上龍「無趣味のすすめ」文庫版内容(「BOOK」データベースより)

コツや秘訣を覚えても無意味だ。何かを得ることができる失敗は飢えから始まる。

果てしない思考の延長上にアイデアはある。

もっともやっかいで、難しく、面倒な選択肢が正解である―。

置き去りにされたような孤立感を抱えながらも、淘汰の時代を生き抜くために大切な真のスタートラインを提示する。

単行本未収録作品を多数含む、61の箴言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
ハリー・スタイルズ(ワンダイレクション)さんの愛読書。村上春樹「ノルウェイの森」

 

 

 

英国出身のアーティスト。

2010年代前半にワンダイレクションのメンバーとして活躍。

2016年からソロ活動をスタート。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 村上春樹???

 

 

 

【主な愛読書】

  • 村上春樹「ノルウェイの森」・・・・・・英国の雑誌i-Dの企画で愛読書だと公言。「美しい物語」と絶賛している。
  • ロブ・シェフィールド「ラブ・イズ・ア・ミックステープ」・・・・・・英国の雑誌i-Dの企画で愛読書だと公言

 

 

 

村上春樹「ノルウェイの森」上巻の内容(「BOOK」データベースより)

暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、

天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。

僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混乱し、動揺していた。

限りない喪失と再生を描き新境地を拓いた長編小説。

 

 

 

ロブ・シェフィールド「ラブ・イズ・ア・ミックステープ」内容(「BOOK」データベースより)

深夜のブルックリン。一本のカセットテープを聴いている。

亡き妻レネが気に入った曲を集めて作ったミックステープだ。懐かしい曲がかかれば、一瞬にしてあのときのあの場所へ。

ポップカルチャーが盛り上がっていたあの頃、僕はライオンのハートをもつ女の子に出会い恋をした。

内気で冴えない僕と情熱的なレネ。共通点のない僕らを、音楽が結びつけた。

それからはいつも一緒だった。結婚して5年、あの日彼女を突然喪うまでは…。

ミックステープを並べれば人生のアルバムができあがる―愛と音楽をめぐる、本当にあった物語。

 

 

 


 

 

どっちを読んだ方がいい?

 

 

 

初心者向け

 

 

 

 

ロブ・シェフィールド

「ラブ・イズ・ア・ミックステープ」

文庫版336ページ

ページはこちらの方が短い。

 

 

 

 

中級者向け

上級者向け

 

 

 

村上春樹「ノルウェイの森」

上巻・下巻共に約300ページでペッパーバック版約600ページと長い。

純文学作品のため、ページが進まない恐れもあり。

あまり読書をしないかたは映画版をみるほうが無難です。

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(ミュージシャン) |この記事自体の単体URLはこちら
ダニエル・ラドクリフさん(ハリーポッター主人公)の好きな日本の作家。村上春樹ファン

 

 

 

 

英国・ロンドン出身の俳優。

1989年7月生まれ。

2001年にシリーズがスタートした「ハリー・ポッター」シリーズの主人公。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 村上春樹・・・・・日本のメディアのインタビューにて「村上春樹は日本文化の一翼を担っていて素晴らしい」「彼の作品には魔法的なリアリズムがある。信じ難いほど美しいものと完全に不条理なものが隣り合わせで、そういうところが読んでいて実に楽しいんだ」と絶賛

 

 

 

【主な愛読書】

具体的に村上作品で何が一番好きであるかは不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(俳優/男性タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
米津玄師さんの愛読書,影響を受けたアーティストとは? スタジオジブリ,ユーミン好き

 

 

ミュージシャン兼音楽プロデューサー。

1991年3月10日生まれ

徳島県出身。

 

 

大のジブリファンでTOKYO FMの鈴木敏夫プロデューサーの番組にゲスト出演した事もあり。

音楽作品にはジブリの影響を大きく受けているそうです。

 

その他、子供の頃の夢は漫画家でかなりの漫画好きである模様。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 宮崎駿
  • 岸本斉史
  • 五十嵐大介

 

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • 宮崎駿監修・スタジオジブリ編集「トトロの生まれたところ」・・・・・・ツイッターで「とても面白い本でした」と発言
  • アレックス・シアラー「スノードーム」・・・・・ツイッターでファンにおすすめ作品を問われてこの作品を推薦

 

 

 

【愛読漫画】

  • 岸本斉史「NARUTO」・・・・・・ツイッターで「小学校の頃に読んで以来、多大な影響を受けてきた」と発言
  • 山本さほ「岡崎に捧ぐ」・・・・・・ツイッターで「むっちゃ面白い漫画。久々にグッときた」と発言
  • 小畑健「ヒカルの碁」・・・・・・ツイッターで「ヒカルの碁は最高」と発言

 

 

 

 

【読書中であることを報告した本(読後の感想不明)】

  • 村上龍「歌うクジラ」

 

 

 

【好きな映画】

  • 風の谷のナウシカ

 

 

 

【好きなミュージシャン】

  • 松任谷由実

 

 

 

 

「トトロの生まれたところ」内容(「BOOK」データベースより)

映画『となりのトトロ』の舞台となった所沢。

四季折々の自然の魅力や植生を、所沢に住む草好きの宮崎朱美さんが美しいスケッチ日記で綴る。

また、宮崎駿監督が描いた初期のトトロのイメージボードを、インタビューとともにお届けする。

 

 

 

「スノードーム」内容(「BOOK」データベースより)

ある日、若い科学者クリストファーが姿を消した。

彼は、ひたすら「光の減速器」の研究を続ける、ちょっと変わった青年だった。

失踪の際、彼は同僚のチャーリーにある原稿を残した。

そこには、不思議な物語が綴られていた。

彼が残した物語は、真実か、それともまったくの空想か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(ミュージシャン) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]