読書好き・中条あやみさんの愛読書・好きな漫画,音楽など。幸田もも子「センセイ君主」

 

 

 

公式的なプロフィール欄には

趣味欄に「読書」と書いている女優・モデルの中条あやみさん。

 

 

1997年生まれ。

大阪府出身。

 

 

フランスの高級ブランド「シャネル」にも注目されている注目モデル・女優。

パリコレのシャネルのショーに度々招かれている事で有名。

シャネルの来日ショーにも小松菜奈さんと共に出演したことあり。

 

 

 

 

 

【好きな作家】

不明

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • 白石麻衣写真集「パスポート」・・・・・大好きだと公言する白石麻衣さんの大ヒット写真集。アナザースカイで白石さん共演した際は、持参した写真集に直筆サインをもらって喜ぶ姿が放送された。
  • △是久昌信「夢をかなえた38人の物語。 断言する。情熱で人生は変えられる。」・・・・・ブクログ公式アカウントのツイートによると、TBS系ビビットにてこの本が紹介された模様。ただし、番組未確認のため、100%正確な情報ではありません。

 

 

 

 

【愛読漫画】

  • 幸田もも子「センセイ君主」・・・・薦められて読んだところ「キュンキュンした」という作品

 

その他はまだ不明。

 

 

 

 

 

【読んだ事のある本/マンガ(お気に入り度不明)】

 

  • 那波マオ「3D彼女 リアルガール」・・・・・・映画出演の話が決まってから読んだとインタビューで語る。

 

 

 

 

 

【好きな音楽】

  • 山口百恵・・・・・特に好きな曲は「プレイバックpart2」

 

 

 

【好きな映画】

  • ソラニン

 

 

 

 

 

 

「夢をかなえた38人の物語。 断言する。情熱で人生は変えられる。」内容(「BOOK」データベースより)

35ドルと夢を握って家出し、50歳で年収200億円のマドンナ。

ボツになった原稿が全世界4億5000万冊の「ハリーポッター」。

アインシュタインもディズニーもココ・シャネルも誰もが絶望から這い上がり、情熱だけを持って夢をかなえていったのだ。

成功の光と影を学ぶことで、あなたのなかにあるやる気、元気、勇気、そして情熱がわいてくる1冊!

 

 

 

 

幸田もも子「センセイ君主」第1巻内容紹介

告白7連敗中の佐丸あゆはが出会ったのは、超イケメンだけどメチャ横暴なヒネクレ教師!!

でも(超微妙に)優しい所もあったりして、あゆはの心はグングン恋愛モードに突入。

難攻不落の弘光先生相手に、あゆはの恋は実るのか!?

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(女優/女性タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
鈴木蘭々さんの愛読書,好きな歌手。小倉ヒラク「発酵文化人類学 - 微生物から見た社会のカタチ」

 

 

 

1975年8月生まれ。

東京都出身。

タレント・歌手・女優。

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • 小倉ヒラク「発酵文化人類学 - 微生物から見た社会のカタチ」・・・・・・インスタで「良書」「#なんていい本」「#いたく共感」などと絶賛している本
  • 手塚治虫等の共著「マンガでわかる戦後ニッポン」・・・・・インスタで「それぞれの感性というフィルターが捉えた戦後の時代描写が面白かったです」「#私の知らない日本が詰まっている」などと絶賛している作品
  • △本田済「易 - 中国古典選〈10〉」・・・・・・何らかのセミナーで読んだと思われる本。セミナー主催者側が配った本の可能性もあるため、愛読書であるのかは、はっきりせず。

 

 

 

【愛読漫画】

不明

 

 

 

 

【好きな音楽】

  • マドンナ

 

 

 

 

 

 

良書✨ #なんて楽しい本 #いたく共感 #著者はアウトプットの天才👀 #微生物はスゴイ #微生物がいなければ今の地球もないし動植物もそもそも存在できないし今の文化もない #味噌も醤油もお酒もヨーグルトも薬もetc… #存在しない #そして私の美容液も存在しない #そう私の作っている美容液には #発酵により得られるエキスが沢山使われているのであります #植物幹細胞エキス #というのも言うなれば微生物の力によって出来る代謝物質なのです #実は美肌もトラブル肌も #肌に住んでいる常在菌のバランスによって(菌=微生物) #左右されているのです #マニアックな話ですみません

鈴木 蘭々さん(@lanlan_suzuki)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(女優/女性タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
女優・石田ゆり子さんの愛読書,好きな作家,映画など。平野啓一郎「マチネの終わりに」を絶賛

 

 

 

1991年放送のフジテレビ系ドラマ「101回目のプロポーズ」に出演して脚光を集めて以来、

長く活躍し続ける女優・石田ゆり子さんの愛読書などの情報。

 

幼い頃は水泳選手でジュニアオリンピックにも出場。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • ヒグチユウコ・・・・「筆力を心から尊敬している」とコメント

 

 

 

【主な愛読書】

  • ヒグチユウコ「いらないねこ」・・・・・「ほんとうにほんとうに 胸に迫る本です」と絶賛
  • 平野啓一郎「マチネの終わりに」・・・・本の帯でも「この物語の中に浸っていたい。こんな恋愛小説はじめて」などと絶賛する本。15万部以上の売り上げ。
  • 雅姫「食いしん坊のお弁当ダイアリー」・・・・・雑誌LEEなどで有名なモデルの本。インスタで「ため息ものの、尊敬の一冊」と絶賛
  • ヒグチユウコ「シールボックス」・・・インスタで「シール大好き。みているだけでしあわせ」と発言

 

 

 

 

 

平野啓一郎「マチネの終わりに」Amazon内容紹介

天才ギタリストの蒔野(38)と通信社記者の洋子(40)。

深く愛し合いながら一緒になることが許されない二人が、再び巡り逢う日はやってくるのか――。

出会った瞬間から強く惹かれ合った蒔野と洋子。しかし、洋子には婚約者がいた。

スランプに陥りもがく蒔野。人知れず体の不調に苦しむ洋子。

やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまうが……。

芥川賞作家が贈る、至高の恋愛小説。

 

 

 

 

ヒグチユウコ「いらないねこ」内容(「BOOK」データベースより)

大人気絵本『せかいいちのねこ』に続く、ぬいぐるみのニャンコの新作絵本がついに登場。

捨てられた子猫を「おとうさん」になって愛情いっぱいに育てるニャンコとあたたかく見守る優しい猫たちの感動の物語。

 

 

 

 

 

 

【本の帯を担当した本】

  • 今井昌代・ヒグチユウコ「カカオカー・レーシング」・・・・「ひとつめちゃんとカカオカー、わたしの心に住んでます」とコメント
  • 益田ミリ「今日の人生」

 

 

 

 

【好きな映画/舞台】

  • 三谷幸喜「子供の事情」

 

 

 

 

【読書中であることを報告した本(読後の感想不明)】

  • 服部みれい「うつくしい自分になる本」
  • 佐藤正午「鳩の撃退法」・・・・・・・読了前の感想ながらインスタで「止まりません。夢中です。」とコメント
  • ニューヨークの美しい人をつくる 時間の使い方

 

 

 

 

その他、インスタグラムで頻繁で読んだ本を紹介。

 

 

 


 

 

どの本を読んだらいいか?

 

 

 

 

初心者向け

読書が苦手な人

 

 

 

 

ヒグチユウコ「いらないねこ」

120ページ

絵本のため、小説を読むのが苦手な人でも楽々読める。

レビューによると、相当泣ける作品であるようです。

 

 

 

 

 

中級者向け

小説好きの人

 

 

 

 

平野啓一郎「マチネの終わりに」

kindle版あり

単行本416ページ

石田さんが絶賛していてAmazonレビューでもかなり高い評価を受ける作品。・

ラブストーリー系のドラマ・映画が好きな人にはおすすめ。

レビューを見る限り、せつかくて泣ける感じの作品であるようです。

400ページ以上あるものの、読みだしたらとまらないという意見が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(女優/女性タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
田中道子さん(モデル/女優)の愛読書・愛読漫画。手塚治虫「ブラックジャック」

 

 

オスカープロモーション所属。

1989年8月生まれ。

静岡県出身。

 

2013年度「ミス・ワールド」日本代表。

 

 

 

 

【主な愛読書】

公式SNS情報等に読書関連投稿はまだなし。

 

 

 

 

 

【愛読漫画】

  • 手塚治虫「ブラックジャック」・・・・・中学の頃に初めて読んで以来の大ファン。この作品に関しては極めて深い見識を持つ。雑誌の「ブラックジャック」特集にファン代表として登場した事もあり。今でも読み返すそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(女優/女性タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
岸恵子さん(女優)の愛読書とは?

 

 

神奈川県出身。

昭和の大女優。

 

 

 

 

 

【好きな作家】

  • ジョセフ・ケッセル
  • 川端康成
  • 夏目漱石

 

その他、ロシア文学の大作家がお好きであるようです。

 

 

 

【主な愛読書】

  • 北畠八穂「津軽の野づら」・・・・・少女時代の愛読書
  • ジョセフ・ケッセル「幸福の後にくるもの」・・・・・・何度も繰り返し読んでいるという若い頃からの愛読書
  • ドフトエスフスキー「カラマーゾフの兄弟」
  • トルストイ「戦争と平和」
  • アゴタ・クリストフ「悪童日記」・・・・・何度も読み返した時期があるという愛読書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(女優/女性タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]