謎の作品「君たちはどう生きるか」は一言でいうとどんな内容の作品なのか?

 

 

 

各ネット書店にて

 

  • 小説
  • 児童小説
  • 自己啓発本
  • ノンフィクション
  • 思想

 

など色々なジャンルに入れられていて、

あらすじの文を見てもどんな作品なのかわかりづらいと噂されている作品、

 

 

吉野源三郎作

「君たちはどう生きるか」

 

 

と一言でいうとどんな作品なのか知りたい人向けの情報ページです。

 

 

 

 

 

 

 

まずAmazonでの小説版あらすじはこちら。

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。

 

 

 

続いて、Amazonでの漫画版あらすじはこちら。

 

内容紹介

「人間としてあるべき姿を求め続ける コペル君とおじさんの物語。

出版後80年経った今も輝き続ける 歴史的名著が、初のマンガ化!」

 

 

 

 


 

 

上記の説明でも、なかなかわからないものの

総合的に一言で言うと

「コペル君の成長物語」

といったように形容できる児童小説的作品といった説明で合っているようです。

 

 

小説版は品切れ状態ながら、漫画版は売り切れのない電子版あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ コラム |この記事自体の単体URLはこちら
カズオ・イシグロ氏の各作品はKindle Storeで無料試し読み可能なページ数が多い

 

 

 

現在、ノーベル文学賞受賞以来、

日本では空前のカズオ・イシグロブームが吹き荒れていますが、

「どの作品から読んだらいいのかわからない」

という人も多いことで知られます。

 

しかし、イシグロ氏の主要作はKindle Storeなどで既に電子化されており、

Kindleの書籍はどれも試し読み可能なので、イシグロ氏の作品も試し読みすることができます。

 

 

その上、試し読みできるページ数は作家ごとに違うものの、

イシグロ氏の作品は「こんなに無料で読めてしまっていいのか?」

というくらい無料で冒頭が読めてしまう作品があります。

(逆に作家によっては、ほんのわずかなページしか無料公開していないケースもあり)

 

 

特に、ブッカー賞受賞の代表作「日の名残り」に関しては、

第一章の無料試し読みできる部分を読むと、だいぶ作品の雰囲気がわかるようになっています。

 

 

なので、どれを読んだらいいかわからない場合は、

まずKindle Storeで各作品を無料で試し読みしてから決める形もおすすめです。

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ コラム |この記事自体の単体URLはこちら
kindle電子書籍を完全に自分の所有物にする方法は?

 

 

 

 

紙書籍は一度買ってしまえば完全に自分の物になることを特長としています。

 

一方で、楽天がkoboをスタートする前にRabooという電子書店を運営していたものの、

Koboをスタートしてからの保証はなく、Raboo閉鎖後に買ったものが無駄になり、

困った人がたくさんいるように、電子書籍は

「所有出来ない」

事が大きな弱点と言われています。

 

 

ただし、完全ではないもののある程度は所有出来て、

例えば突然Amazonのkindle事業が終了になったり、

障害により、買った本をクラウド上からDLできないような状況になっても対処できる方法があります。

 

それは、ファイル自体をPCにダウンロードし、

USBケーブルでPCと端末をつなぎ、端末内にファイルを入れるという手法です。

 

これにより、完全にオフラインの状態の中でも買ったものを読むことが出来ます。

 

 

 

ただし、アップルのiTunes Storeで買ったものは

PCを替えても新PCにてファイルの管理が出来たりするものの、

AmazonのAZWファイルはPCを替えても新PCでファイルを管理できるのかわからない、

ということやAmazon側のバージョンアップなどで

新しいKINDLE端末に買い替えた時に、古いタイプのファイルを開けないような可能性も起こりうるので

完全に所有出来るわけではありません。

 

そのため、買ったものは必ず永久に自分の所有物にしたい場合は紙書籍を買うのは一番ですが、

PCにファイルをDLする、という方法は一度試してみることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ コラム |この記事自体の単体URLはこちら
カズオイシグロのお気に入り日本人女優は綾瀬はるか、原節子、高峰秀子

 

 

 

 

文春オンラインにて公開されている

「綾瀬はるか、カズオ・イシグロに会いに行く」

という記事にて、TBSドラマ「わたしを離さないで」主演の綾瀬はるかさんと

2017年にノーベル文学賞を受賞して日本でも有名になるカズオイシグロさんの

2015年12月当時の対談記事にて分かったこと。

 

 

 

【日本のお気に入り女優】

  • 原節子
  • 高峰秀子
  • 綾瀬はるか

 

 

カズオ氏は戦後の日本映画が好きで原節子・高峰秀子といった女優が好き。

是枝裕和監督の映画「海街diary」に出演した綾瀬はるかさんが一部で

「平成の原節子」と呼ばれていることまで知っていて、

そんな綾瀬はるかの古風な雰囲気や演技力の高さを絶賛している。

(TBSドラマ「JIN」のビデオを日本から取り寄せてチェックした)

 

 

 

対談の模様はこちら

http://bunshun.jp/articles/-/4425

http://bunshun.jp/articles/-/4427

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ コラム |この記事自体の単体URLはこちら
村上春樹(作品)嫌いの有名人とは? - 太田光など

 

 

 

人間性は関係なく、

独特な雰囲気の文章で知られる村上春樹作品の文体は

東圭吾作品とは違って、決して万人受けするものではないため、

「嫌い!」

と明言している人もいます。

 

そんな有名人とは?

 

 

 

 

【主な村上春樹作品嫌いの有名人】

  • 太田光(爆笑問題)・・・・・芸人一の読書家。相当な毒舌でこれまで自身のラジオにて村上作品を酷評。
  • ビートたけし・・・・・太田さんと村上春樹批判で盛り上がったこともあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ コラム |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]