安野モヨコさん(漫画家)の愛読書・影響を受けた作品

 

 

 

1971年生まれ。

東京都出身。

漫画家。

夫は庵野秀明さん。

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • ヘルマン・ヘッセ「車輪の下」・・・・・・小学校の頃からの愛読書と公言している。今すぐ読めるkindle版あり
  • 宮沢賢治「注文の多い料理店」
  • アン・マイクルズ「儚い光」・・・・・・完成度の高さに強い敬意を抱いているという愛読書

 

 

 

 

ヘルマン・ヘッセ「車輪の下」内容(「BOOK」データベースより)

ひたむきな自然児であるだけに傷つきやすい少年ハンスは、

周囲の人々の期待にこたえようとひたすら勉強にうちこみ、神学校の入学試験に通った。

だが、そこでの生活は少年の心を踏みにじる規則ずくめなものだった。

少年らしい反抗に駆りたてられた彼は、学校を去って見習い工として出なおそうとする・・・。

子どもの心と生活とを自らの文学のふるさととするヘッセの代表的自伝小説である。

 

 

 

 

アン・マイクルズ「儚い光」内容(「MARC」データベースより)

ナチスの殺戮を逃れた7歳の少年ヤーコプは、ギリシャ人地質学者アトスに救われた。

ヤーコプはアトスに授けられた学問に救いを見いだすようになり、遂に得た人生の喜びとは?

オレンジ小説賞を受賞したカナダのベストセラー。

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
村松友視さん(小説家)の愛読書・影響を受けてきた作家・作品。十返舎一九「東海道中膝栗毛」

 

 

 

1940年生まれ。

東京都出身。

元雑誌編集者。

「時代屋の女房」で直木賞を受賞。

 

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • 十返舎一九「東海道中膝栗毛」・・・・・・子供の頃の愛読書。道中記的な文学作品。作家になってから現代語訳作品を自ら発表している
  • アレクサンドル・デュマ「モンテ・クリスト伯」・・・・・・子供の頃の愛読書
  • 伊丹十三「ヨーロッパ退屈日記」
  • 唐十郎「ズボン」

 

 

 

 

「モンテ・クリスト伯」内容(「BOOK」データベースより)

二百年の長い間、世界各国で圧倒的な人気をあつめてきた『巌窟王』の完訳。

無実の罪によって投獄された若者ダンテスは、十四年間の忍耐と努力ののち脱出に成功、

モンテ・クリスト島の宝を手に入れて報恩と復讐の計画を着々と進めてゆく。

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
飯嶋和一さん(小説家)の愛読書・影響を受けた作家・作品

 

 

 

1952年生まれ。

山形県出身。

教師生活を経て1980年代に小説家デビュー。

 

 

 

【主な愛読書】

  • 島崎藤村「夜明け前」・・・・・国内作家の作品で一番好きだという作品
  • サマセット・モーム「人間の絆」
  • H.D.ソロー「森の生活」・・・・・・若い頃に大きな影響を受けたという作品
  • 周はじめ「草の中の伝説」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
金原ひとみさん(作家)の愛読書・影響を受けた作品・作家

 

 

1983年生まれ。

東京都出身。

2004年、綿矢りさと共に芥川賞を受賞。

 

 

 

 

 

【好きな作家】

村上龍

 

 

【主な愛読書】

  • 村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」・・・・・作家に憧れるきっかけになった作品と公言。第3回野間文芸新人賞受賞
  • オルハン・パムク「無垢の博物館」
  • ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」・・・・時々読み返すというロシアの名作

 

 

 

【愛読漫画】

不明

 

 

 

 

村上龍「コインロッカー・ベイビーズ(新装版)」内容紹介

1972年夏、キクとハシはコインロッカーで生まれた。

母親を探して九州の孤島から消えたハシを追い、東京へとやって来たキクは、鰐のガリバーと暮らすアネモネに出会う。

キクは小笠原の深海に眠るダチュラの力で街を破壊し、絶対の解放を希求する。

毒薬のようで清々しい衝撃の現代文学の傑作が新装版に!

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
古川日出男さん(小説家/劇作家)の愛読書

 

 

 

1966年生まれ。

福島県出身。

雑誌編集者などのキャリアを経て1998年に小説家デビュー。

 

 

 

 

【好きな作家】

不明

 

 

 

【主な愛読書】

  • 中上健次「千年の愉楽」
  • ガルシア・マルケス「千年の孤独」
  • オスカー・ワイルド「サロメ」・・・・・・一つ一つの表現が好きだという戯曲作品
  • スティーヴ・エリクソン「ゼロヴィル」
  • 紫式部著/谷崎潤一郎訳「潤一郎訳 源氏物語」

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]