能町みね子さん(エッセイスト/漫画家)の愛読書情報

 

 

 

1979年生まれ。

北海道出身。

 

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 尾形亀之助

 

 

 

【主な愛読書】

  • 富田均「東京私生活」・・・・・自身のバイブルと公言
  • 尾形亀之助「尾形亀之助詩集」・・・・・好きな詩人の作品

 

 

 

 

 

 

「東京私生活」内容(「BOOK」データベースより)

小さな東京の伝記。あの町、通り、あの橋や川や家々や―寝て、

食べ、交遊し、時とともに移ろいゆく町や街の記憶、故郷・東京への憧憬。

東京徘徊―永井荷風『日和下駄』の後日譚の後日譚。

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
朝井リョウさん(作家)の愛読書・影響を与えた作品とは?

 

 

 

 

1989年生まれ。

2009年に小説家デビュー。

2013年に20代前半の若さで直木賞を受賞。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 佐藤多佳子・・・・・佐藤さん本人との対談にて様々な作品を愛読してきた事を明かした
  • さくらももこ・・・・・漫画家ではなく作家としてのさくらさんの作品(エッセイ)が好きと公言

 

 

 

【主な愛読書】

  • 佐藤多佳子「一瞬の風になれ」・・・・・特に大好きだとメディアで語る青春小説。人生の中で最も「読み終わりたくない」と感じながら読んだ作品であるそうです。
  • さくらももこ「もものかんづめ」・・・・・・約200万部売れたベストセラーエッセイ
  • 野沢尚「反乱のボヤージュ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
漫画家・峰なゆかさんの愛読書。

 

 

 

漫画家。

「アラサーちゃん」という作品が同世代の女性の間で人気。

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • マーガレット・ミッチェル「風と共に去りぬ」・・・・・内容はノートにすべて書き写した事もある、というほどの愛読書
  • サリンジャー「キャッチャーインザライ」
  • アルジャーノンに花束を
  • ティファニーで朝食を

 

 

 

 

【愛読漫画】

不明

 

 

 

「風と共に去りぬ」要旨(「BOOK」データベースより)

アメリカ南部の大農園“タラ”に生まれたスカーレット・オハラは16歳。

輝くような若さと美しさを満喫し、激しい気性だが言い寄る男には事欠かなかった。

しかし、想いを寄せるアシュリがメラニーと結婚すると聞いて自棄になり、別の男と結婚したのも束の間、南北戦争が勃発。

スカーレットの怒涛の人生が幕を開ける―。

小説・映画で世界を席巻した永遠のベストセラーが新訳で蘇る。

 

 

 

 

 

 

ツイッターでの公式発言

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
今村翔吾さん(小説家)の愛読書・影響を受けた作家・作品

 

 

 

 

1984年生まれ。

京都府出身。

 

 

 

【好きな作家】

  • 池波正太郎・・・・・大ファンだと公言する作家
  • 司馬遼太郎
  • 藤沢周

 

 

 

【主な愛読書】

  • 池波正太郎「真田太平記」・・・・・池波作品のベストと発言している
  • 池波正太郎「鬼平犯科帳」
  • 司馬遼太郎「燃えよ剣」
  • 藤沢周「蝉しぐれ」
  • 浅田次郎「壬生義士伝」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
町屋良平さん(小説家)さんの愛読書。影響を受けた作家・作品。

 

 

 

1983年生まれ。

東京都出身。

 

2019年に「1R1分34秒」で芥川賞を受賞。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • さくらももこ
  • 桐野夏生
  • 江國香織

 

 

【主な愛読書】

  • さくらももこ「もものかんづめ」・・・・・・作家を目指すきっかけとなった大ヒットエッセイ作品。kindle版あり
  • 桐野夏生「柔らかな頬」
  • 桐野夏生「OUT」
  • 江國香織「ホリー・ガーデン」

 

 

 

 

【愛読漫画】

  • 不明

 

 

 

「もものかんづめ」内容(「BOOK」データベースより)

「こんなにおもしろい本があったのか!」と小学生からお年寄りまでを笑いの渦に巻き込んだ爆笑エッセイの金字塔!!

著者が日常で体験した出来事に父ヒロシや母・姉など、いまやお馴染みの家族も登場し、愉快で楽しい笑いが満載の一冊です。

「巻末お楽しみ対談」ではもう一度、全身が笑いのツボと化します。

描き下ろしカラーイラストつき。

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]