川越達也さん(料理人)の愛読書。

 

 

 

1972年生まれ。

宮崎県出身。

料理人。

 

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • 見城徹・藤田晋「憂鬱でなければ、仕事じゃない」・・・・・・読んで強く共感したと語る愛読書。

 

 

 

【川越達也さんの名言】

仕事は楽しんでやるべきと考える人が多いが、僕はそうは思わない。

仕事は憂鬱なもの。

吐き気が出るくらいイヤな時があるが、思い詰めて悩む事で次の扉が開かれるものだと感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(文化人) |この記事自体の単体URLはこちら
大宮エリーさん(脚本家)の愛読書

 

 

 

1975年生まれ。

大阪府出身。

作家・脚本家・映画監督など様々な面をもつ。

 

 

 

【好きなジャンル】

  • 童話

 

 

 

【主な愛読書】

  • ジーン・ウェブスター「あしながおじさん」
  • オトフリート=プロイスラー「大どろぼうホッツェンプロッツ」
  • エンデ「はてしない物語」・・・・・映画「ネバーエンディングスーリー」の原作本
  • 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

 

 

 

 

 

 

【愛読漫画】

SNSには情報なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(文化人) |この記事自体の単体URLはこちら
小倉茂徳さん(モータースポーツジャーナリスト)の愛読書・読んだことがある本

 

 

 

モータースポーツジャーナリスト。

 

1980年代後半にHONDA F1チームの広報スタッフとして活躍。

独立後はスカパー・DAZNなどでシリーズの解説者として活動。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 不明

 

 

【主な愛読書】

  • 具体的なタイトルは不明ながら、小倉さんはサイエンス系の本がお好きのようです

 

 

 

 

 

【読書中であることを報告した本(読後の感想不明)】

  • 杉田玄白「蘭学事始」
  • Witold Koszela「The King George V Class Battleships」・・・・・2019年1月発売の洋書。Amazonでは第二次世界大戦本カテゴリ内にあり。
  • 数研出版編集部「もういちど読む数研の高校地学」・・・・2014年5月発売。地学が好きだったため買ったそうです
  • コンラート・ローレンツ「ソロモンの指環―動物行動学入門」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(文化人) |この記事自体の単体URLはこちら
読書家・メンタリストDaiGoさんの愛読書。アダム・グラント「ORIGINALS」

 

 

慶応義塾大学理工学部卒業。

ジェネシスヘルスケア株式会社顧問。

 

1日10冊から20冊の本を読むという読書家。

kindle端末・kindleアプリをヘビー利用しているそうです。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • アダム・グラント・・・・・フェイスブックCOO

 

 

 

【主な愛読書】

  • アダム・グラント「ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代」・・・・・・好きなアダム・グラントの本の中でも特に読んでほしいという作品。オリジナリティーの必要性などが書かれているそうです。
  • アダム・グラント「GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代」
  • ドナルド・サル「SIMPLE RULES 「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える」
  • Modernist Cuisine: The Art and Science of Cooking・・・・・好きな料理本

 

 

 

 

【愛読漫画】

不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(文化人) |この記事自体の単体URLはこちら
湯浅誠さん(社会活動家)の愛読書

 

 

 

1969年生まれ。

貧困問題に立ち向かってきた社会活動家。

2008年の派遣切り問題に関する運動で注目を浴びる。

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • 新井紀子「コンピュータが仕事を奪う」
  • 大江健三郎「個人的な体験」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(文化人) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]