ミノルクリス滝沢さんの愛読書・座右の銘

 

 

 

長野県栄村出身。

1971年3月生まれ。

JFN系ラジオ局「FM NIIGATA」の番組で活躍。

 

 

 

 

【愛読書/影響を受けた本】

  • コヴィー「7つの習慣」・・・・・・ラジオ番組でのご本人発言より。この作品を読んでアメリカでのビジネスの失敗をようやく認められるようになったそうです。派生作品が多数あるため、その中のどの本読んだのかまでは不明。

 

 

 

 


 

 

【座右の銘】

 

 

「雨が降っても自分が悪いと思え」

 

 

 

LA時代にビジネス面で色々な裏切りに遭ったりして

精神的に不安定だったころ、知人にこの言葉を言われて大きく印象に残り、

裏切りに遭ったのも自分に責任の一端がある、といったように違ったものの考え方ができるようになり、

何とか立ち直ることが出来、その後の人生の座右の銘になっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人(アスリート以外)の座右の銘/名言 |この記事自体の単体URLはこちら
大槻毅さん(元浦和レッズ監督)の名言

 

 

1972年生まれ。

サッカー選手を経て指導・育成分野の仕事をはじめ、

浦和・仙台を経て再び浦和に復帰し、2018年春には優れた統率力にて暫定監督として活躍。

 

 

 

【大槻毅さんの名言】

  • ピッチの上で表現されるものは、トレーニングで積み上げたものしかない
  • 浦和レッズを背負って戦うときには、どこであろうと同じだけの闘志とプレーを見せるようになってほしい(選手に対する発言)

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人(アスリート以外)の座右の銘/名言 |この記事自体の単体URLはこちら
パンツェッタ・ジローラモさんの名言・座右の銘

 

 

イタリアのナポリ出身の男性タレント・モデルである、

ジローラモさんの名言・座右の銘。

 

 

 

【座右の銘/好きな言葉】

  • チャンス行気の列車に飛び乗れ・・・・・同じ事務所に所属する浦和レッズの槙野選手もジローラモさんのこの座右の銘が好きであるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人(アスリート以外)の座右の銘/名言 |この記事自体の単体URLはこちら
大野勢太郎さんの座右の銘「声は人なり」「継続は力なり」の意味・エピソード

 

 

 

文化放送アナウンサーとして、みのもんたさんなど共に活躍したのち、

1980年代にフリーとなり、NACK5の番組で活躍してきた

大野勢太郎さんの座右の銘。

 

 

 

「声は人なり」

 

 

[詳細]

文化放送アナウンサー時代に、

先輩アナウンサーから

「大野、声は人なりだぞ

おしゃべりは経験によって自然と上達するが、声には人が出る。

だから徳を積んで、人間性を高めていけよ」

 

という風にいわれ、これが人生の座右の銘になっているそうです。

この話は何度もしているため、リスナーにも強く影響を与えている言葉。

 

 

 


 

 

座右の銘2

  • 「継続は力なり」・・・・・こちらは有名な言葉。こちらも自らの座右の銘であると日頃から公言

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人(アスリート以外)の座右の銘/名言 |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]