矢部太郎漫画「大家さんと僕」の評判,口コミ,愛読者,部数情報。東村アキコ・能町みね子など絶賛

 

 

矢部太郎「大家さんと僕」

 

 

2017年10月31日発売

電子書籍版あり

 

 

カラテカの矢部太郎さんが2017年秋に発売した実話をもとにしたエッセイ・ノンフィクション系漫画作品。

文芸雑誌「小説新潮」に連載されたものに書きおろしパートを継ぎ足して単行本になったそうです。

 

そして、ハートウォーミングなお話と、矢部さんの描くさくらももこ的なキャッチー絵が受けて、

発売直後から大ベストセラーに。

 

そして、たくさんの有名人から絶賛の声が上がっています。

 

なお、矢部さん本人と知り合いのAKINAさんによると、

今住んでいるの大家さんとのお話で、現在進行形で物語は続いているそうです。

 

 

 

 

【内容】

1階に大家のおばあさん、2階にトホホな芸人の僕(カラテカ・矢部太郎)。

一緒に旅行するほど仲良くなった不思議な「2人暮らし」の日々は、 もはや「家族」! ?

大切な人をもっと大切にしたくなる、 泣き笑い、奇跡の実話漫画!

 

 

 

 

【発行部数】

  • 5万部(発売2週間時点)
  • 11万部(2011年11の6刷時点)

 

 

 

 

 

【主な愛読者・推薦者】

  • 東村アキコ(漫画家)・・・・・矢部さんの好きな漫画家。難しいエッセイ漫画を最初から面白く書いたことを絶賛
  • 糸井重里(コピーライター)
  • 能町みね子(漫画家)
  • 平愛梨(女優)・・・・「こんなにも人に薦めたい、と思ったのははじめて」と絶賛
  • 朝井リョウ(小説家)
  • SHOGO(175R)・・・・・・・「素敵な漫画で一気に読んじゃった! 老若男女全ての人に薦めたい本に出逢いました! 」と絶賛
  • 馬場典子(フリーアナ)・・・・・インスタにて「泣かされた後、逆に声を上げて笑うの繰り返しのため、電車で読むのはおすすめできない」と最大級の絶賛
  • 三倉茉奈(女優)・・・・ブログで「本当にほっこりしてじんわり感動する本」と絶賛
  • AKINA(ビビる大木夫人)

 

 

 

その他、相当な絶賛ぶりなので、とりあえずkindleなどの電子版の試し読みだけでもチェックする価値あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(コミック) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]