ジブリ・宮崎駿監督自身の愛読書/好きな作家/歌手とは? -ルグウィン作品、 「君たちはどう生きるか?」など

 

 

 

インタビュー発言など参考。

 

 

 

【好きな作家】

  • アーシュラ・K・ルグウィン
  • 吉川英治
  • 江戸川乱歩
  • 富田常雄
  • 堀辰雄
  • 杉浦茂(漫画家)・・・・・鈴木Pいわく、コナンの描き方は杉浦さんの影響そのまま。鈴木さんの付き合いは互いに杉浦茂のファンであった事から話で盛り上がったのが始まりであるそうです。

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • サンテグジュペリ「人間の土地」・・・・・ドストエフスキーなどが楽しめず、文学には向いていないと思っていた宮崎氏の考え方を変えたという作品
  • アーシュラ・K・ルグウィン「ゲド戦記」・・・・・息子さんが映画化する前から各作品に影響を与えてきたと発言。かつて原作者に映画化のオファーをしたことがある(その際は原作者から断られた)。
  • 吉野源三郎「君たちはどう生きるか」・・・・・中学校の頃に初めて読む
  • 三浦しをん「神去なあなあ日常」
  • 森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」・・・・言葉遣いが面白いと絶賛する若手作品
  • アゴタ・クリストフ「悪童日記」
  • オトフリート・プロイスラー「クラバート」・・・・千と千尋の神隠しの下地になっているという児童小説

 

 

 

 

【好きなミュージシャン】

  • 松任谷由実・・・・・鈴木敏夫氏の発言

etc

 

 

 

 

【読書データ】

  • 鈴木プロデューサーとは子供の頃の好きな愛読書がほとんど同じ。そして、それがきっかけで鈴木さんと仲良くなり、ジブリ設立へとつながった。

 

 

 

 


 

 

何を読んだらいいか?

 

 

■初心者向け

■読書嫌いの人

 

 

 

 

吉野源三郎「君たちはどう生きるか」

文庫339ページ

ジャンルは微妙ながら、小説ではなく10代でも読みやすいようです。

もし、文章を読みたくないなら、

より簡単な漫画版を読む方法もあり

(ただし、漫画版を宮崎氏が読んだことがあるかは不明です)

 

 

 

 

 

中級者向け

 

 

 

 

サンテグジュペリ「人間の土地」

文庫版208ページ

世界的ベストセラー「星の王子さま」で有名な作者の作品。

ページ数少なく、Amazonでも極めて高い評価を受けており、

一度読んだ人は、何度も読み返したくなるような本であるそうです。

 

 

 

 

 

上級者

 

 

 

 

何巻も続く長編のため、初心者向けではない

 

 

 

吉野源三郎「君たちはどう生きるか」内容(「BOOK」データベースより)

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。

それは、人生いかに生くべきかと問うとき、

常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。

著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

 

 

 

サンテグジュペリ「人間の土地」内容紹介

“我慢しろ……ぼくらが駆けつけてやる! ……ぼくらのほうから駆けつけてやる!

ぼくらこそは救援隊だ! "サハラ砂漠の真っ只中に不時着遭難し、渇きと疲労に打克って、

三日後奇蹟的な生還を遂げたサン=テグジュペリの勇気の源泉とは……。

職業飛行家としての劇的な体験をふまえながら、

人間本然の姿を星々や地球のあいだに探し、現代人に生活と行動の指針を与える世紀の名著。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(クリエイター) |この記事自体の単体URLはこちら
河原雅彦さん(俳優/演出家/脚本家)の愛読書

 

 

 

株式会社キューブ所属

1969年生まれ。

福井県出身。

 

 

 

 

【主な愛読書】

漫画作品以外は不明

 

 

 

 

【愛読漫画】

  • 小迎裕美子・紫式部「人生はあはれなり・・・ 紫式部日記」・・・・・平安時代の小説・源氏物語の漫画版。格安kindle版あり。

 

 

 

 

 

「人生はあはれなり・・・ 紫式部日記」Amazon内容紹介

『源氏物語』の作者・紫式部の日記を、マンガ化。

将来が不安、人目を気にしてしまうなど、現代女性でも共感できる、

シキブが悩む人間関係、仕事、嫉妬などを綴りながら、『源氏物語』という生きがいを見つけていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

小迎 裕美子,紫式部
KADOKAWA/メディアファクトリー
(2015-03-27)

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(クリエイター) |この記事自体の単体URLはこちら
河鹹照さん(映画監督)の愛読書,好きな漫画,影響を受けたもの。つばた英子・つばたしゅういち「あしたも、こはるびより。」

 

 

 

映画監督。

「萌の朱雀」でデビュー。

2007年に「殯の森」でカンヌ映画祭・グランプリを受賞。

 

 

 

【主な愛読書】

  • つばた英子・つばたしゅういち「あしたも、こはるびより。」・・・・・Amazonインタビューで「この本の中で紹介されている暮らしをしてみたい」と発言。そして、日々の生活で色々と実践しているそうです。kindle版あり。
  • 小川洋子「博士の愛した数式」
  • 道尾秀介「水の柩」
  • 有元葉子「レシピを見ないで作れるようになりましょう。」

 

 

 

 

【愛読漫画】

  • 柳本光晴「響 - 小説家になる方法」
  • 西炯子「娚の一生」

 

 

 

つばた英子「あしたも、こはるびより。」内容(「BOOK」データベースより)

83歳と86歳の菜園生活。

愛知県のニュータウンで、夫婦ふたり。

キッチンガーデンで野菜を育て、換気扇のない台所で保存食をつくり、玄関のないワンルームの丸太小屋で暮らす。

簡素だけど優雅な歳時記です。

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(クリエイター) |この記事自体の単体URLはこちら
宇津木えりさん(デザイナー)の愛読書。

 

 

 

イッセイミヤケグループの

メルシーボークーというファッションブランドのデザイナー。

 

 

 

 

 

【好きな作家】

不明

 

 

 

 

【主な愛読書/読んだ事がある本】

  • 赤塚りえ子「バカボンのパパよりバカなパパ」
  • 奇跡のリンゴ・・・・・WEBインタビュー情報。木村秋則関連本。有料記事で途中までしか機序読めないため、お気に入り度や気に入っている理由は不明

 

 

 

 

【愛読漫画】

天才バカボンのファンである可能性があるものの、確かな情報はまったくなし

 

 

 

 

 

 

 

赤塚りえ子「バカボンのパパよりバカなパパ」内容(「BOOK」データベースより)

『天才バカボン』『おそ松くん』など、多くの傑作マンガを生んだ赤塚不二夫。

その私生活は作品以上にぶっ飛んでいた。

娘を連れてゲイバーへ!?

ホームレスを自宅に呼んで大宴会??

感性の赴くまま生きた天才の素顔を一人娘が赤裸々に綴る、笑いあり涙ありの愛すべきバカ家族の記録。

人はもっと自由でいいのだ!読めば元気が出ること間違いなし!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(クリエイター) |この記事自体の単体URLはこちら
岩井俊二さん(映画監督)の愛読書・影響を受けた作家・作品

 

 

 

 

1963年生まれ。

宮城県出身。

映画監督。

 

 

 

【好きな作家】

  • 平野啓一郎

 

 

【主な愛読書】

  • 不明

 

平野啓一郎の好きな作品は不明。

 

 

 

 

【好きな映画】

  • メアリー・ポピンズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(クリエイター) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]