ケイト・ウィンスレット(女優)の愛読書

 

 

 

 

英国女優、ケイト・ウィンスレットさんの愛読書情報。

 

 

 

【判明している愛読書】

  • エミール・ゾラ「テレーズ・ラカン」・・・・・恋愛小説系

 

SNSを見る限り、他の愛読書はまだ不明。

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

湿っぽく薄汚れたパリの裏街。活気のない単調な日々の暮しに満足しきっている夫と義母。

テレーズにとって息のつまるような毎日だが、逃れる術とてなかった。

だが彼女の血にひそむ情熱の炎はそのはけ口を見出せぬまま、ますます暗い輝きを増してゆくのだった。

そうしたある日、はじめて出会った夫の友人ローランにテレーズのまなざしは燃える。

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(海外役者/タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
アン・ハサウェイさん(女優)の愛読書とは。キム・ゴードン「GIRL IN A BAND」など

 

 

 

 

映画「プラダを着た悪魔」の大ヒットにより、

日本でもおなじみである女優、アン・ハサウェイさんの愛読書情報。

 

 

 

【主な愛読書】

  • キム・ゴードン「GIRL IN A BAND キム・ゴードン自伝」・・・・・インスタで推薦している本
  • フランシス・ホジソン・バーネット「秘密の花園」

 

 

 

 

 

It's #nationalbookloversday!! I loved this book! Hope you do too. xx

Anne Hathawayさん(@annehathaway)がシェアした投稿 -

 

 

Happy New Year and welcome to the Monkey 😍😍😍

Anne Hathawayさん(@annehathaway)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(海外役者/タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
読書家・エマ・ワトソン(女優)の愛読書情報

 

 

ハリー・ポッターシリーズに子役として登場して以来、

活躍し続けて近年ではディズニー映画の実写版「美女と野獣」も大ヒットしたエマ・ワトソンの愛読書。

 

 

 

【判明している愛読書】

  • ロアルド・ダール「オ・ヤサシ巨人BFG」・・・・・読書好きになるきっかけとなった作品

 

 

ハリーポッターシリーズがどれくらい好きかは不明。

その他、インスタにはタイトルのわからない本に関する投稿が多数あり。

 

 

https://www.instagram.com/emmawatson/

 

 

 

 

↓「ninja-books」という語句が登場する投稿

 

@bookfairiesworldwide #IWDOurSharedShelf

Emma Watsonさん(@emmawatson)がシェアした投稿 -

 

 

@oursharedshelf's Nov & Dec book is #Mom&Me&Mom by Maya Angelou

Emma Watsonさん(@emmawatson)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(海外役者/タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
ジェニファー・ローレンス(女優)の愛読書

 

 

 

アメリカの女優、ジェニファー・ローレンスさんの愛読書情報。

 

1990年生まれ。

ケンタッキー州出身。

 

 

 

【主な愛読書】

  • JDサリンジャー「大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章」
  • フィリッパ・グレゴリー「ブーリン家の姉妹」
  • トルストイ「アンナ・カレーニナ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(海外役者/タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
読書家、サラ・ジェシカ・パーカー(女優)の愛読書。ドナ・タート「ゴールドフィンチ」

 

 

 

テレビドラマ「SEX AND THE CITY」の大ヒットにより、

日本でも知名度が高いアメリカの女優、サラ・ジェシカ・パーカーさんの愛読書情報。

 

 

 

【主な愛読書】

  • ドナ・タート「ゴールドフィンチ」・・・・・傑作だと絶賛している作品(全4巻)

 

 

 

ゴールドフィンチの内容(「BOOK」データベースより)

美術館爆破テロで母を亡くした少年・テオは、その時美術館から1枚の名画を持ち去った。

レンブラントとフェルメールを結ぶ画家、ファブリティウスの「ごしきひわ」。

孤児となったテオはそのオランダ黄金時代の小さな名画とともに、波瀾万丈の運命を辿ってゆく。

友情と裏切り、恋と失望、ドラッグとギャング、そして名画をめぐる恐れと魅了…。

現代という災難を前に、不器用にも生を貫く人物たち。

「21世紀のディケンズ」とも称された長編大作全4巻、刊行開始。

 

 

 

 

その他、インスタには正確なタイトルのわからない洋書の投稿がたくさんあり。

サラさんはかなり読書家のようです。

https://www.instagram.com/sarahjessicaparker/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(海外役者/タレント) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]