オードリー若林正恭さんと南沢奈央さんの愛読書,好きな作家の共通点とは?

 

 

 

正月に、共に読書好き有名人として有名で

読書が趣味であることが交際のきっかけと報じられた、

オードリー若林正恭さんと南沢奈央さんの愛読傾向の共通点とは?

 

 

 

 

【若林さんの主な愛読書】

  • 藤沢周「オレンジ・アンド・タール」
  • 藤沢周「ブエノスアイレス午前零時」
  • 村上龍「限りなく透明に近いブルー」
  • 村上龍「無趣味のすすめ」
  • 川上未映子「すべて真夜中の恋人」
  • 平野啓一郎「ドーン」
  • 本谷有希子「幸せ最高ありがとうマジで!」

 

 

 

 

【南沢さんの主な愛読書】

  • 中島京子「妻が椎茸だったころ」
  • 笠辺哲「フライングガール」
  • 谷崎潤一郎  大正作品賞「美食倶楽部」
  • ジェイムズ・M・ケイン「郵便配達は二度ベルを鳴らす」
  • 島本理生「よだかの方想い」
  • 佐藤多佳子「サマータイム」
  • 今村夏子「星の子」
  • 今村夏子「あひる」
  • 森見登美彦「ペンギンハイウェイ」

 

 

 

ニュースによると、2017年9月に交際がスタートしたばかりのため、

まだ共通の愛読書は見つからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ニュース |この記事自体の単体URLはこちら
LARMEとKERAが合体したような雑誌「チュール(tulle)」が創刊。発売日,ターゲット,コンセプトなど

 

 

 

12/26、

「EYESCREAM」という雑誌を発行しているスペースシャワーネットワーク社が

「チュール(tulle)」

という女性ファッション誌を創刊。

 

 

「ファンタジー系の大人服を提案」

「女性の可愛らしさを本の中にぐっと閉じ込めた、ガーリー&Kawaii& ロリィタ系の、

写真絵本のようなファッション&イメージ雑誌」

というのがコンセプトで、徳間書店から発行されているLARMEに近い雑誌であるようです。

 

その他、ロリータ系でもあるということで、

今年春に紙版が終了したKERA的なテイストもあり、

誌面には「BABY,THE STARS SHINE BRIGHT」など、ロリータ系ブランドの服も紹介されているそうです。

 

 

総合的には、わかっている限りでは

「LARME + KERA」

といった雰囲気。

 

2018年以降は不定期発行で次号の発売日不明。

 

 

 

 

 

 

創刊号掲載の主なブランド

  • MILK
  • BABY,THE STARS SHINE BRIGHT
  • ALICE and the PIRATES
  • ANGELICPRETTY
  • Emily Temple cute
  • MEMUSE

 

 

 

 


Fujisan.co.jp:LARME

 

LARMEのコンセプト

「甘くてかわいい女の子のファッション絵本」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ニュース |この記事自体の単体URLはこちら
ダ・ヴィンチ2018年1月号にて、最新の好きな小説家/漫画家ランキングが発表。あの芸人作家がTOP10に迫る勢い

 

 

 

12/6発売の読書雑誌

「ダ・ヴィンチ」の2018年1月号にて、

毎年恒例の

「好きな小説家ランキング(TOP50)」

「好きな漫画家ランキング(TOP50)」

の最新版が発表。

 

小説家・漫画家ともに首位は去年と変わらず。

 

上位に大きな変動はないものの、唯一、

小説家としてのデビュー作が200万部以上を売り上げを記録し、

今年出した2作目も高い評価を得て小説家としてもさらに評価が上がった

あの人気芸人さんが昨年の23位からもう少しでTOP10に入るところまでランクアップ。

 

来年の活躍次第ではTOP10入りもありそうです。

詳しいランキングは書いたらまずいので誌面にてご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ニュース |この記事自体の単体URLはこちら
[公式発言] 鈴木敏夫氏が「君たちはどう生きるか」と宮崎駿最新作の正確な関係性を語る。主人公が映画の中でこの本を手にして読む

 

 

2017年11月26日OAの、

スタジオジブリの鈴木敏夫さんによるTOYO-FM系ラジオ番組

「ジブリ汗まみれ」

にて、先日

「宮崎駿氏の2020年頃公開の最新長編映画の原作である」

という風に報道された、吉野源三郎「君たちはどう生きるか」と

宮崎駿最新作の関係性に関する公式発言がありました。

 

それによると、この小説や漫画をそのまま映像化するのではなく、

 

鈴木敏夫さんの発言によると

「吉野源三郎さんの原作をもとに映画を作っているのではなく、

主人公の少年が、映画の中でこの本を手にして読む」

 

というのが、吉野源三郎「君たちはどう生きるか」と宮崎映画との関係性であるそうです。

 

いずれにしても、はっきりしたのは、

映画の中でこの本を元にした何らかの架空の本が登場するのではなく、

名指しで

吉野源三郎「君たちはどう生きるか」

という実在する本が紹介されるという点

 

 

 

というわけで、

吉野源三郎「君たちはどう生きるか」

という本は、稲盛和夫氏の「生き方」のような国民的愛読書になっていく可能性が出てきました。

 

 

間違いなく、映画公開前後までずっと売れ続けるはずなので、

気になる方は今のうちからチェックしておくことをお勧めします。

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ニュース |この記事自体の単体URLはこちら
Zipperが2017年12月発売号で休刊(廃刊)。青文字系雑誌がほぼすべて消滅し残るのは「mer」だけに

 

 

11/21、祥伝社は、

1993年に創刊されて20年以上愛されてきたZipperが

2017年12月発売の2018年2月号にて休刊することが決定。

編集部のツイートをみても、復刊することはなさそうな気配。

 

 

そして、編集部が

「Zipperの休刊は、単なる雑誌の休刊以上の意味があると思っています」

とツイートしたほか、青文字系モデルの中田クルミさんも

 

「ZipperもCUTiEもFRUITSもKERAもSEDAもSoup.も無くなっちゃったね。

私みたいなマジョリティー女子に馴染めなかった子達は、

何を糧に、何を目標に、何を憧れにして生きていくのかなぁって思ってる。」

 

とツイート。

 

 

これらのツイートでもわかる通り、

Zipperは現存する唯一の純粋な青文字系雑誌だったものの、

これにより、残る青文字系雑誌は、

「古着MIXガール」という古着系雑誌から「読モ×古着」の雑誌にリニューアルした

学研の「mer」という雑誌1つだけに。

 

 

なお、

  • ノンノ
  • mina
  • spring

あたりは、読者モデル中心ではないため、青文字系雑誌か微妙と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ニュース |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]