バラク・オバマ氏(前アメリカ大統領)の愛読書。トニ・モリスン「ソロモンの歌」が人生のベスト

 

 

 

2009年から2016年まで、アメリカの大統領として活躍した

バラク・オバマ氏の愛読書とは?

 

 

【主な愛読書】

  • トニ・モリスン「ソロモンの歌」・・・・・人生最高の本として挙げる本。ミシェル夫人もこの本のファン

 

インスタにはなかなか読書関連投稿ないので、その他の愛読書は不明。

 

 

 

 

 

「ソロモンの歌」内容(「BOOK」データベースより)

赤ん坊でなくなっても母の乳を飲んでいた黒人の少年は、ミルクマンと渾名された。

鳥のように空を飛ぶことは叶わぬと知っては絶望し、家族とさえ馴染めない内気な少年だった。

だが、親友ギターの導きで、叔母で密造酒の売人パイロットの家を訪れたとき、

彼は自らの家族をめぐる奇怪な物語を知り、そのルーツに興味を持つようになる。

オバマ大統領が人生最高の書に挙げる、ノーベル賞作家の出世作。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(政治家) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]