川端康成「雪国」の舞台は新潟県の湯沢町(越後湯沢)。執筆した宿「高半」も現存

 

 

 

川端康成の代表作の一つ

「雪国」

の舞台となっているのは新潟県湯沢町で、

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」

という有名な冒頭の名文は、

東京方面から出発して群馬県北部から湯沢町にかけての長いトンネルを抜けた景色のこと。

 

 

そして、川端康成氏がこの作品の執筆のために長期滞在した老舗宿

「高半」も現存しています。

http://www.takahan.co.jp/

館内には「雪国」に関する資料室などもあり、この作品のファンにはたまらない場所。

 

 

 

 

あらすじ

主人公の男性と湯沢の芸者・駒子にまつわる物語。

 

 

 

 

商品説明

親譲りの財産で、きままな生活を送る島村は、雪深い温泉町で芸者駒子と出会う。

許婚者の療養費を作るため芸者になったという、駒子の一途な生き方に惹かれながらも、

島村はゆきずりの愛以上のつながりを持とうとしないーー。

冷たいほどにすんだ島村の心の鏡に映される駒子の烈しい情熱を、哀しくも美しく描く。

ノーベル賞作家の美質が、完全な開花を見せた不朽の名作。

 

 

 

【有名人内での主な愛読者】

  • 宇多田ヒカルさん(ミュージシャン)
  • 田中美里さん(女優)

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 小説,映画の舞台となっている場所 |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]