門井慶喜「銀河鉄道の父」あらすじ,評価,愛読者。第158回直木賞受賞

 

 

 

門井慶喜「銀河鉄道の父」

 

 

 

2018年1月発表の第158回直木賞受賞作品。

 

2017年9月発売。

単行本418ページ。

講談社。

電子書籍版あり。

 

 

 

あらすじ

宮沢賢治の父・政次郎の視点から賢治の生涯を描いた作品。

 

 

 

内容紹介

明治29年(1896年)、岩手県花巻に生まれた宮沢賢治は、

昭和8年(1933年)に亡くなるまで、主に東京と花巻を行き来しながら多数の詩や童話を創作した。

賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、

賢治は学問の道を進み、後には教師や技師として地元に貢献しながら、創作に情熱を注ぎ続けた。

地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、

このユニークな息子をいかに育て上げたのか。

父の信念とは異なる信仰への目覚めや最愛の妹トシとの死別など、

決して長くはないが紆余曲折に満ちた宮沢賢治の生涯を、父・政次郎の視点から描く、気鋭作家の意欲作。

 

 

 

 

【主な愛読者情報】

今のところ不明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(エンタメ小説) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]