直木賞作家・門井慶喜さんの愛読書,好きな作家,影響を受けた作品。ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」、宮沢政次郎

 

 

2018年1月に「銀河鉄道の父」で直木賞を受賞した

門井慶喜さんの愛読書や影響を受けたものとは?

 

 

 

 

 

 

 

【好きな作家】

  • ウンベルト・エーコ・・・・・日本語訳されているものはすべて読んでいるという作家

 

 

【影響を受けた人】

  • 宮沢政次郎(宮沢賢治)・・・・・子供のために宮沢賢治の伝記漫画を買ったところ、伝記の中に登場する賢治の父・政次郎に強い興味を持つようになったそうです。

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」
  • 小学館版学習まんが人物館・畑山博著「宮沢賢治」・・・・子供のために買った伝記。これを買ったことが「銀河鉄道の父」執筆につながったそうです

    筑摩書房「新校本 宮澤賢治全集」・・・・こちらに宮沢政次郎の年表まで載っていたため、「銀河鉄道の父」執筆に役立ったそうです。

 

 

 

 

「薔薇の名前」内容(「BOOK」データベースより)

迷宮構造をもつ文書館を備えた、中世北イタリアの僧院で「ヨハネの黙示録」に従った連続殺人事件が。

バスカヴィルのウィリアム修道士が事件の陰には一冊の書物の存在があることを探り出したが…。

精緻な推理小説の中に碩学エーコがしかけた知のたくらみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]