芥川賞作家・石井遊佳さんの愛読書,好きな作家,影響を受けた作品。ガルシア・マルケス「族長の秋」

 

 

 

2018年1月に「百年泥」で芥川賞を受賞した、石井遊佳さんの愛読書・影響を受けた作家情報。

インタビュー記事など参考。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • (ガブリエル)ガルシア・マルケス・・・・・・世界的作家。インタビューで「影響を受けている」と語る
  • 三島由紀夫・・・・10代の頃からの好きな作家

 

 

 

【主な愛読書】

  • ガルシア・マルケス「族長の秋」・・・・・Gマルケス作品で一番好きだという作品
  • ガルシア・マルケス「百年の孤独」
  • 三島由紀夫「愛の渇き」・・・・・三島作品の中で特に好きな作品
  • セリーヌ著・生田耕作訳「夜の果てへの旅」・・・・・何十回も読み返しているという作品

 

 

 

 

「族長の秋」内容(「BOOK」データベースより)

大統領は死んだのか?大統領府にたかるハゲタカを見て不審に思い、

勇気をふるい起こして正門から押し入った国民が見たものは、正体不明の男の死体だった。

複数の人物による独白と回想が、年齢は232歳とも言われる大統領の一生の盛衰と、

そのダロテスクなまでの悪行とを次々に明らかにしていく。

しかし、それらの語りが浮き彫りにするのは、孤独にくずおれそうなひとりの男の姿だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(作家) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]