山里亮太「天才はあきらめた」の部数・評判・愛読有名人情報。

 

 

2018年7月発売。

朝日新聞出版。

文庫256ページ。

kindle版(電子版)あり

 

 

 

 

南海キャンディーズ・山里亮太さんの2000年代の著書「天才になりたい」に

大幅な加筆・修正や、新たな文章を書き加えた作品。

 

 

 

 

【目次】

  • 第1章 「何者か」になりたい
  • 第2章 スタートライン
  • 第3章 焦り
  • 第4章 有頂天、そしてどん底
  • 終章 泣きたい夜を越えて・・・・・・この章あたりは「天才になりたい」発行以降の話

 

 

 

 

【発行部数】

  • 7万部(2018年7月時点)・・・・・・朝日新聞出版のスタッフさんのツイッター情報
  • 10年部(2018年秋時点)

 

 

 

 

【主な愛読者】

  • 濱家隆一さん(かまいたち)・・・・・事務所後輩。ツイッターで「とてつもなく面白かったです!」とコメント。
  • 黒沢薫(ゴスペラーズ)・・・・・読書家のミュージシャン。インスタで「読むのが止まらん。おもしれえー!」と絶賛
  • 黒木渚(歌手)・・・・公式ツイッターで「やっぱり根っこが怒っている人は面白い」と発言
  • △若林正恭・・・・・この本の最後で解説文を寄せている親友。いい本を書かれてくやしいからか、若林さんは天才芸人だと称する山里さんによるこの本を「面白い」とは絶賛していない。でも相当気に入っている事は間違いなし
  • △馬場園梓(アジアン)・・・・・読んだのち、「到底追いつけない凄い人です」という感想をつづる。ただし、本の面白さに関しての直接的な言及はなし

 

 

 

 

【買った事を告白した人(読後感想不明)】

  • 松井咲子(元AKB48)・・・・・書店で自費にて本を購入

 

 

 

その他、赤江珠緒さんがこの本を読んだ事を告白(本人にもらったのか、買ったのかは不明)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(タレント本) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]