村上春樹「海辺のカフカ」の評判,口コミ,あらすじとは?

 

 

 

村上春樹氏の2002年度の上下巻分冊作品。

発行元は新潮社。

2005年に文庫化。

 

売上的には、この作品は1Q84やノルウェイの森などのようにヒットはせず。

しかし、ネット書店ではある程度高い評価を受けています。

 

 

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

15歳になった僕は二度と戻らない旅に出た。

彼は長身で、寡黙だった。

金属を混ぜ込んだような強い筋肉を持ち、世界でいちばんタフな15歳の少年になりたいと思っていた。

東京都中野区にもしある日、空から突然2000匹の生きた魚が路上に落ちてきたら、人々は驚かないわけにはいかないだろう。

多くのネコたちは名前を持たない。多くのネコたちは言葉をもたない。

しかしそこには言葉を持たず、名前を持たない悪夢がある。

 

 

 

 

ランキング情報

トーハン調べ : 2002年度年間総合ベストセラー単行本総合第20位

トーハン調べ : 2002年度年間総合ベストセラー単行本・文芸部門第5位

 

 

 

【推定部数】

単行本=各巻推定35万部前後

文庫版=不明

 

 

 

【単行本ページ数】

上巻 : 400ページ
下巻 : 432ページ

 

 

 

 

【ネット書店における上巻の主な評価/内容情報】

  • 村上春樹度100%、まさに村上ワールド。
  • 久しぶりの読み応えに大満足。
  • とても不思議な小説です
  • 「ねじまき鳥クロニクル」以来の長編小説
  • 村上ワールドに浸りたいならおすすめの作品です
  • 主人公の名前は田村カフカ・15歳。
  • 一人の少年がタフになっていくお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(純文学小説) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]