謎の作品「君たちはどう生きるか」は一言でいうとどんな内容の作品なのか?

 

 

 

各ネット書店にて

 

  • 小説
  • 児童小説
  • 自己啓発本
  • ノンフィクション
  • 思想

 

など色々なジャンルに入れられていて、

あらすじの文を見てもどんな作品なのかわかりづらいと噂されている作品、

 

 

吉野源三郎作

「君たちはどう生きるか」

 

 

と一言でいうとどんな作品なのか知りたい人向けの情報ページです。

 

 

 

 

 

 

 

まずAmazonでの小説版あらすじはこちら。

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。

 

 

 

続いて、Amazonでの漫画版あらすじはこちら。

 

内容紹介

「人間としてあるべき姿を求め続ける コペル君とおじさんの物語。

出版後80年経った今も輝き続ける 歴史的名著が、初のマンガ化!」

 

 

 

 


 

 

上記の説明でも、なかなかわからないものの

総合的に一言で言うと

「コペル君の成長物語」

といったように形容できる児童小説的作品といった説明で合っているようです。

 

 

小説版は品切れ状態ながら、漫画版は売り切れのない電子版あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ コラム |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]