高村薫「照柿」の口コミ,評判,愛読有名人

 

 

直木賞作家・高村薫氏の1994年発表の名作。

芸能人の中で、この作品を大絶賛する人が何人か存在。

 

単行本だと500ページに及ぶ大作ミステリー作品で、文庫は上下分冊。

ネット書店でもかなり高い評価を受けています。

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

野田達夫、35歳。

17年働き続けてきた平凡な人生に、何が起ったのか。

達夫と逢引する女、佐野美保子はほんとうに亭主を刺したのか。

美保子と出会った瞬間、一目惚れの地獄に落ちた刑事合田雄一郎はあてもなく街へさまよい出る。

照柿の色に染まった男二人と女一人の魂の炉。

 

 

 

 

【この作品を愛読書としている主な有名人】

  • 高田純次・・・・・高田さんはこの作品のことを色々なメディアで猛プッシュしている
  • 大竹まこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(ミステリー小説) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]