カート・ヴォネガット「タイタンの妖女」読書感想文におすすめ

 

 

 

タイタンの妖女という作品は、

アメリカの男性小説家であるカート・ヴォネガット氏が1959年に発表したSF小説。

 

そして、日本にもこの作品の大ファンが多いことで有名です。

既に電子版もあり、電子版は相当安く買えます。

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

時空を超えたあらゆる時と場所に波動現象として存在する、ウィンストン・ナイルズ・ラムファードは、

神のような力を使って、さまざまな計画を実行し、人類を導いていた。その計画で操られる最大の受難者が、

全米一の大富豪マラカイ・コンスタントだった。

富も記憶も奪われ、地球から火星、水星へと太陽系を流浪させられるコンスタントの行く末と、

人類の究極の運命とは?

巨匠がシニカルかつユーモラスに描いた感動作。

 

 

 

 

【この作品を愛読書と公言する主な有名人】

  • 太田光(爆笑問題)・・・・・太田さんの愛読書として有名で、事務所のタイタンはこの作品が由来であることで有名。なお、太田さんは登場人物が光代社長と自分の関係性に似ている、と思っていることを光代社長が著書で明かしています。
  • 藤巻亮太(レミオロメン)・・・・・ストーリーが面白くてよく出来ていると絶賛
  • 市川紗椰さん(モデル)

 

 

 

 

【ネット書店での評判】

ネット書店での一般読者の評価も相当高く「人生のバイブル」と評している人もいる傑作です。

そして、誰でも読む安い作品であるようなので、読書感想文の題材やはじめて読む小説としておすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(SF系小説) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]