外山惠理さん(TBSアナウンサー)の好きな本/泣いた本。辻村深月「かがみの孤城」

 

 

 

慶応大学の文学部出身。

1975年10月生まれ

東京都出身

 

 

 

【おすすめ本/お気に入り本】

  • 辻村深月「かがみの孤城」・・・・・TBSラジオの出演者がおすすめ本を紹介する特別企画で、この作品を挙げた。電子版あり。紙の本で言うと500ページ以上ある分厚い一冊ながら、物語の世界に入り込んであっという間に読める一冊であったそうです。「読み終わったら大号泣」とも語っていて、外山さんにとって忘れられない一作となったようです。
  • 矢崎奏久「タバコ天国」・・・・・この作品もラジオ番組にて"おすすめの3作"の一つとして挙げた作品

 

 

 

「かがみの孤城」内容(「BOOK」データベースより)

どこにも行けず部屋に閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然、鏡が光り始めた。

輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。

9時から17時まで。

時間厳守のその城で、胸に秘めた願いを叶えるため、7人は隠された鍵を探す―>

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(キャスター/アナウンサー) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]