眉村卓「僕と妻の1778話」口コミ,評判,あらすじ,電子書籍あり(カズレーザーおすすめ本はこの作品)

 

 

 

 

 

眉村卓「僕と妻の1778話」

 

 

 

アメトークの「読書芸人」にてメイプル超合金のカズ・レーザーが激押ししたことにより、

放送日翌日以降からAmazonランキングにて総合1位にランクしている話題作。

 

 

普段はSF作品を書いている小説家・眉村卓さんが、

余命1年と宣告された妻のために書いて読んでもらっていたショートストーリー1778話の中の19作などを掲載。

特に亡くなる日の1778話目が必読の内容であるそうです。

 

 

新書版が2004年に出ていて、これが最初の発行のようです。

その後、文庫版も出て、現在では電子書籍版もあり。

電子書籍版は売り切れがないので今すぐ買えます。

 

 

 

 

 

内容(「BOOK」データベースより)

余命は一年、そう宣告された妻のために、小説家である夫は、とても不可能と思われる約束をする。

しかし、夫はその言葉通り、毎日一篇のお話を書き続けた。

五年間頑張った妻が亡くなった日、最後の原稿の最後の行に夫は書いた―「また一緒に暮らしましょう」。

妻のために書かれた一七七八篇から選んだ十九篇に、

闘病生活と四十年以上にわたる結婚生活を振り返るエッセイを合わせた、ちょっと風変わりな愛妻物語。

 

 

 

 

 

【愛読有名人】

  • カズ・レーザー

 

 

【ネット書店での一般読者の主な口コミ】

  • ショートストーリーそれぞれが小説のプロットのようなものだから1冊で52冊分読めるのはお得。
  • あっという間に読み終えてしまいました
  • 読んでいると胸が熱くなってきて涙か止まりませんでした
  • この本に出会えてよかった
  • 誰でも経験する「覚悟」をおしえてもらった
  • 何度でも読める作品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー作品(エッセイ) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]