尾崎豊―少年時代 / 尾崎健一

 

 

 

 

 

 

1992年春に人気ミュージシャンの尾崎豊がなんとかのトラブルにより、不審死したのち、

 

父親の尾崎健一さんによって書かれたカドカワ作品。

 

発行部数は不明です。

 

 

 

 

 

なお、角川書店は尾崎さんとゆとりが深い出版社で、

 

特に当時は角川書店の社員だった見城徹さんは尾崎豊さんと進行があるため、

 

この作品には見城さんが関わっている可能性あり。

 

 

 

 

 

現在でも中古品が安く出回っているのでいつでも買うことが可能です。

 

 

 

 

 

 

 


作品名
尾崎豊 ― 少年時代

 

 


著者
尾崎健一
角川書店
 


発行年月
1992年11月(文庫版1994年)

 



Amazonでの紹介文
ロック・アーチスト尾崎豊として散った我が家の次男“ゆたちゃん”。
初めて明かされる幼い日のエピソード、そして数々の名曲の原風景を、
実父の日記とモノローグで綴る。
尾崎豊誕生の日に贈る鎮魂の回想録。
 

 



目次
日記と回想

〈創作〉
ゆたちゃんと山鳩さん

尾崎豊新生の日に贈る言葉

1冊の古い絵本
 ― 豊の幼い感性の芽生え

アーチストの道を歩みはじめた豊への提言

〈ドキュメンタリー風の創作〉
長坂トンネル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(音楽関連) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]