弟尾崎豊の愛と死と/尾崎康

 

 

 

 

 

若者のカリスマ・尾崎豊さんが1992年4月に不審死したのち、

 

 

三回忌の時期となる1994年4月に講談社から発行された作品。

 

 

著者は尾崎豊さんと仲良しだったという兄の康さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

時期としては、「この世の果て」というフジテレビに

 

 

「OH MY LITTLE GIRL」が採用されて100万枚を超えるヒットを記録していた頃で

 

 

尾崎豊への注目度が再び高まった中での発売だっただけに

 

 

当時のベストセラーランキング上位にも顔を出し、5万部以上のヒットを記録。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなに安くはないものの、今でもネット書店から入手可能。

 

 

電子書籍版はなし。

 

 

 

 

 

 

 

 

書評を見てみると「読んでよかった」「信頼できるお兄様」など高い評価ばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


作品名
弟尾崎豊の愛と死と

 

 

 


著者
尾崎康
講談社

 



発行年月
1994年4月

 



発行部数
単行本: 推定5万部前後

 

 



Amazonでの紹介文
孤独の中で人生の真実を問い続け、
「大人社会」と格闘しながら急逝した弟の全てを書き下ろす話題作。
〈家族の絆とは何か〉を問いかける感動の一冊。

 

 



弟尾崎豊の愛と死と

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(音楽関連) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]