世田谷一家殺人事件 ― 侵入者たちの告白/斉藤寅

 

 

 

 

 

なかなか犯人が捕まらず、これまで様々な番組やメディアで

 

 

犯人像に迫る特集が組まれてきた世田谷事件に関連する本。

 

 

 

 

 

2006年に発行されて10万部を超えるヒット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


作品名
世田谷一家殺人事件 ― 侵入者たちの告白

 


著者
斉藤寅

 

 

 

発行元

草思社

 

 


発行年月
2006年6月

 

 

 

ページ数

254ページ

 

 


発行部数
単行本 : 推定10-20万部

 



Amazonでの紹介文
2000年12月30日深夜に発生した世田谷一家殺害事件。
いったい誰が、何の目的であの残虐な事件を引き起こしたのか?
発生以来事件を追い続けた著者が、
決定的証拠をもとに実行犯を特定した衝撃の一冊。



目次
プロローグ
第1章 : 膨大な遺留品
第2章 : クリミナル・グループ
第3章 : 消えたベトナム人
第4章 : メンバーとの接触
第5章 : 曾根崎風俗嬢殺し
第6章 : 狙われた身元引受人
第7章 : 犯罪ネットワーク
第8章 : 一致した指紋
第9章 : 決定的証言
第10章 : 2000年12月30日
第11章 : 知りすぎた者たち
第12章 : 次のターゲット
第13章 : 写真入手
第14章 : 夜の訪問者
エピローグ

 

 

 


世田谷一家殺人事件―侵入者たちの告白

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(ノンフィクション) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]