ずん・飯尾和樹さん(芸人)の愛読書・好きな漫画。井上雄彦「スラムダンク」

 

 

1968年12月生まれ。

東京都出身。

浅井企画所属。

「ら・おかき」というコンビを経て、やすさんと共に「ずん」を結成。

長い下積み生活を経て2010年代に入って大ブレイク。

 

 

 

 

 

【主な愛読書】

漫画以外は今のところ不明

 

 

 

 

 

【愛読漫画】

  • 井上雄彦「スラムダンク」・・・・・・ツイッターで愛読漫画である事を公言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
読書家・小島よしおさんの愛読書,好きな小説家,漫画とは? 中村文則・東野圭吾などのファン

 

 

 

実は相当な読書家であることが判明している芸人・小島よしおさんの愛読書情報。

 

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 中村文則など

 

 

 

 

【主な愛読書目お気に入り本】

  • 貴志祐介「新世界より」
  • 樺沢紫苑「読んだら忘れない読書術」
  • 藤尾秀昭著・片岡鶴太郎画「心に響く小さな5つの物語」・・・・・公式ツイッターで「泣いた。」と発言

 

 

 

 

 

【愛読漫画】

  • 井田ヒロト「お前はまだグンマを知らない」
  • 雷句誠「金色のガッシュ」
  • 渡辺航「弱虫ペダル」

 

 

 

【読書中であることを報告した本(読後の感想不明)】

  • 山田ルイ53世「ヒキコモリ漂流記」
  • 又吉直樹「火花」
  • 東野圭吾「真夏の方程式」
  • 東野圭吾「虚像の道化師」
  • 中村文則「掏摸」
  • 中村文則「教団X」
  • 中村文則「悪と仮面のルール」
  • 中村文則「王国」
  • 穂村弘「短歌の友人」
  • 渡辺和子「置かれた場所で咲きなさい」
  • 東山彰良「流」

 

 

その他、買った本を報告する投稿がSNSに多数あり。

 

 

 

 

 

貴志祐介「新世界より」上巻内容紹介

1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖(かみす)66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。

周囲を注連縄(しめなわ)で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。

「神の力(念動力)」を得るに至った人類が手にした平和。

念動力(サイコキネシス)の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた……。

隠された先史文明の一端を知るまでは。 (講談社文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泉田くんぴーや

小島よしおさん(@kojimayoshiopiya)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
紺野ぶるまさん(女芸人)の愛読書。心屋仁之助さんの自己啓発本フリーク

 

 

 

松竹芸能所属。

1986年9月生まれ。

東京都出身。

なぞかけ芸人。

 

読書好きで、昔から心理学・自己啓発系の本を読んできたそうです。

 

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 心屋仁之助・・・・・・心理カウンセラー。このかたの本はほとんど所持しているそうです
  • わかる(イラストレーター)

 

 

 

 

【主な愛読書/推薦本】

  • わかる「今日は早めに帰りたい」・・・・・好きなイラストレーターの作品。ブログで「みんなもみてみて」と推薦
  • 近藤麻理恵「人生がときめく片付けの魔法」・・・・・・2019年1月にTBSラジオ・日曜サンデーで好きな自己啓発本ランキング3位に選んだ作品
  • 浅見帆帆子「宇宙につながると夢はかなう」・・・・・・2019年1月にTBSラジオ・日曜サンデーで好きな自己啓発本ランキング2位に選んだ作品
  • 心屋仁之助「ゲスな女が、愛される」・・・・・・2019年1月にTBSラジオ・日曜サンデーで好きな自己啓発本ランキング1位に選んだ作品
  • 益田ミリ「すーちゃんシリーズ」・・・・・・友人に勧められて気に入ったというシリーズ。公式ブログによると特に好きなのは「どうしても嫌いな人」という作品

 

 

 

【愛読漫画】

  • 岩崎う大「マイデリケートゾーン」・・・・・・かもめんたるという芸能の岩崎さんの作品。ツイッターで「めっちゃ笑った!」などと絶賛

 

 

 

【読んでいる事を報告した本(感想不明)】

林真理子「不倫のオーラ」

 

 

 

 

 

心屋仁之助「ゲスな女が、愛される」内容(「BOOK」データベースより)

シンデレラが幸せになれたのは、ゲスな女だったから!

話題沸騰の人気カウンセラーが、愛されるための「引き算」の秘密を大公開!

「追う」から「追われる」恋愛に、「尽くす」から「尽くされる」女性に変わる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
横澤夏子さん(お笑い/ものまね)の愛読書。kindleスマホアプリのヘビーユーザー

 

 

 

1990年7月20日生まれ。

新潟県糸魚川市出身。

よしもと所属。

 

 

Amazonインタビューによると新幹線移動中によく本を読むそうです。

端末的にはスマホのKindleアプリを多用しているそうです。

 

 

 

 

【好きな作家】

不明

 

 

 

【主な愛読書】

  • 貴城けい「宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 」・・・・・Amazon企画でお気に入り本に挙げた作品。この本を読んで内面を磨いていく事の大事さを学んだそうです。
  • 中谷彰宏「27歳からのいい女養成講座」・・・・・Amazon企画でお気に入り本に挙げた作品。26歳の頃に読んで大きな影響を受けたそうです。本の中の好きな言葉は「他人のことを許す」
  • 気くばり調査委員会「相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳」・・・・・Amazon企画でお気に入り本に挙げた作品。この本を読んで気配りの大事さを学び、実際に色々と実践してきたそうです。

 

 

 

 

【愛読漫画】

  • 今のところ情報なし

 

 

 

【読書中であることを報告した本(読後の感想不明)】

  • 朝日文庫編集部「けろけろけろっぴの徒然草」・・・・・大好きなキャラクター、けろけろけろっぴ関連本

 

 

 

 

 

#土曜はダメよの収録でした #楽屋にけろっぴが置いてあったよー! #本のけろっぴなんて初めてー! #うれぴー! #バッドばつ丸くんが好きなスタッフさんが本屋さんで見つけたからって買ってくださったよー #バッドばつ丸くんの本もしっかり買われたそうだよー #けろっぴに言われると #素敵な徒然草もさらに素敵な徒然草になるよ #今は新幹線で読みながら #雪の街東京に向かっているよ #そんなことよりこの本シリーズ化されてる #ポムポムプリン好きな友達にも教えてあげようと思ったりしたけど #バッドばつ丸くんの君主論 #逆境でも運命を制する技術 #なにそれーその技術気になるー! #その技術どうやって使うわけー! #うふ!

横澤夏子さん(@yokosawa_natsuko)がシェアした投稿 -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
オードリー・若林正恭さんの好きな作家,愛読書とは? - 村上龍・村上春樹・藤沢周を併読

 

 

 

 

インタビュー記事や番組発言参考。

芸人の中でも特に読書家として有名。

 

 

2018年夏には旅エッセイ「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」にて

斎藤茂太賞を受賞し、本の帯にて椎名誠さんに絶賛される。

 

 

 

 

【好きな作家】

  • 村上龍・・・・・若林さんが最初に好きになった作家。ほとんどの作品を読破している
  • 藤沢周・・・・・・NHK-BS「週刊ブックレビュー」にもMCとして出演した純文学系作家
  • 村上春樹
  • 中村文則
  • 島田雅彦
  • 吉本ばなな
  • 伊坂幸太郎
  • 田口ランディ
  • レイモンド・カーヴァー

 

 

 

【知り合いの作家】

  • 西加奈子・・・・・・一つ年上の作家でため口で話せるほどの仲。フジテレビ系「僕らの時代」で、若林×山里×西加奈子の3人対談が放送された事もあり。

 

 

 

 

【愛読書】

  • 藤沢周「オレンジ・アンド・タール」・・・・・・藤沢作品で特に好きだという作品で、「人生の一冊」ともいえる本であるそうです。
  • 藤沢周「ブエノスアイレス午前零時」・・・・・・芥川賞受賞作
  • 村上龍「69 - sixty nine-」・・・・インタビュー記事で「一番好きな本」として挙げた事がある作品
  • 村上龍「限りなく透明に近いブルー」・・・・・・村上作品で最初に呼んだという芥川賞受賞作。内容には問題あり。
  • 村上龍「無趣味のすすめ」
  • 川上未映子「すべて真夜中の恋人」
  • 平野啓一郎「ドーン」
  • 本谷有希子「幸せ最高ありがとうマジで!」
  • レイモンド・カーヴァー「大聖堂」・・・・・・短篇集

 

 

 

【解説文を寄せている本】

  • 山里亮太「天才はあきらめた」・・・・・若林さんが天才だと称する山里さんの作品。巻末に解説文を寄せている。かなりこの本を気に入っていると思われるものの、山里さんはライバルだという事もあり、まだどのメディアでも「愛読書」には挙げていない。

 

 

 

 

【好きな映画】

  • フィールド・オブ・ドリームス

 

 

 

 

【読書データ】

  • 純文学作品が明確に好き
  • 本屋に行くのが趣味
  • 特に村上龍さんが好き

 

 

 


 

 

沢山ある愛読書の中で、一体どれを読んだらいいか?

 

 

 

読書が苦手な人

 

 

 

 

 

 

村上龍「無趣味のすすめ」

文庫190ページ

こちらは小説ではなく、エッセイ(コラム)系作品。

そして、1篇あたり3ページ程度のため、小説嫌いの人でも気楽に読める。

 

 

 

 

 

初心者向け

 

 

 

 

川上未映子「すべて真夜中の恋人」

文庫版360ページ

爆笑問題の大田さんも絶賛する恋愛小説。

読みやすいラブストーリーがいいならこちらがおすすめ。

 

 

 

中級者向け

 

 

藤沢周「オレンジ・アンド・タール」

文庫248ページ

若林さんが「人生の一冊」と語る一冊のため、

小説を読むのが得意なかたはこちらを読んでみるのがベストといえます。

 

 

 

 

上級者向け

 

 

 

村上春樹作品色々。

(若林さんはどの作品が一番なのか不明)

難解なため、純文学が苦手な人は途中で挫折する恐れあり。

 

 

初期の村上作品は、道徳上の問題があるため(ドラッグ問題など)、こちらでは一切おすすめしません。

 

 

 

 

 

 

藤沢周「オレンジ・アンド・タール」内容(「BOOK」データベースより)

高校でアウトロー的存在のカズキは、スケボーに熱中して毎日を送る。

今日も伝説のスケートボーダーのトモロウのところへ相談に行く彼の心に影を落としているのは、

同級生が学校の屋上から落ちて死んだことだった。

そして、目の前で事件は起きた。自分って何なんだよ、なんで生きてるんだよ―青春の悩みを赤裸々に描いた快作。

 

 

 

 

川上未映子「すべて真夜中の恋人」内容紹介

「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う」。

わたしは、人と言葉を交わしたりすることにさえ自信がもてない。

誰もいない部屋で校正の仕事をする、そんな日々のなかで三束さんにであった――。

芥川賞作家が描く究極の恋愛は、心迷うすべての人にかけがえのない光を教えてくれる。

渾身の長編小説。

 

 

 

 

村上龍「無趣味のすすめ」文庫版内容(「BOOK」データベースより)

コツや秘訣を覚えても無意味だ。何かを得ることができる失敗は飢えから始まる。

果てしない思考の延長上にアイデアはある。

もっともやっかいで、難しく、面倒な選択肢が正解である―。

置き去りにされたような孤立感を抱えながらも、淘汰の時代を生き抜くために大切な真のスタートラインを提示する。

単行本未収録作品を多数含む、61の箴言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]