北野武(ビートたけし)さんの愛読書/好きな作家,影響を受けた人,座右の銘とは?ガルシアマルケス「族長の秋」

 

 

 

芸人・映画監督・作家とマルチに活躍する

北野武さんの愛読書とは?

 

2017年秋にはビートたけし名義で恋愛小説「アナログ」も執筆。

なお、それまでに書いた小説は、直接筆をとって書いたわけではなく

話したことをライターの事が的股スタイルだったものの、「アナログ」でははじめて原稿を使って執筆。

 

 

 

【愛読書】

  • ガルシアマルケス「族長の秋」
  • 荒俣宏「アラマタ大事典」
  • △又吉直樹「火花」・・・・・・「まあまあ理解できた」とも発言しているため、どれくらい好きかはいまいちわからず。

 

 

 

 

【影響を受けている作家】

  • 又吉直樹・・・・・「アナログ」執筆時に同業者として大きなモチベージョンになったと発言。対談でも又吉さんのことを褒める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
森三中・大島美幸さんの愛読書・好きな作家とは? - さくらももこファン

 

 

 

 

【好きな作家/尊敬する人】

  • さくらももこ・・・・・ほとんどの作品を読破してきた。さくらさん本人も大島さんが自身の相当なファンであることを知っていて、その後、親交が始まる
  • 鈴木おさむ・・・・・ただし、わざわざ明言はしていない

 

 

 

【愛読書】

  • さくらももこ「もものかんづめ」・・・・・1991年の大ベストセラー。
  • さくらももこ「さるのこしかけ」
  • さくらももこ「たいのおかしら」
  • さくらももこ「ひとりずもう」・・・・・2005年に情報無番組で紹介。それをきっかけに作者との交流がうまれる。
  • にしもとよう・黒井 健「うまれてきてくれてありがとう」・・・・・本の帯にて「夜、息子が寝たあとに読んで、泣いてしまいました」というコメントを寄せた作品。モデルのヨンアさんのインスタに、帯コメント写った写真あり。

 

 

 

【読書データ】

  • 子供の頃は読書嫌いだったが、もものかんづめを読んだのをきっかけに読書家になった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
品川祐(品川ヒロシ)さんの愛読書・好きな作家とは?

 

 

芸人のほか、作家としても活躍する品川さんの愛読書とは?

公式ブログなど参考。

 

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • 高野和明「ジェノサイド」・・・・・山里亮太さんなども大好きな作品。インパルスの板倉さんに薦めたところ板倉さんも大ハマり
  • 和田竜「忍びの国」
  • 早見和真「小説王」
  • 板倉俊之(インパルス)「トリガー」
  • 板倉俊之(インパルス)「蟻地獄」
  • 劇団ひとり「陰日向に咲く」
  • 高見広春「バトルロワイヤル」
  • つぶやきシロー「私はいったい、何と闘っているのか」・・・・・ブログにて大絶賛
  • 木下昌輝「敵の名は、宮本武蔵」・・・・・ブログにて時代小説好きなら絶対好きになる作品と推薦

 

 

 

【愛読書(漫画)】

  • 富樫義博「HUNTER×HUNTER」
  • 帝国の國

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
インパルス・板倉俊之さんの愛読書/好きな作家,影響を受けた作家とは?

 

 

 

お笑い芸人のほか、小説家としても活躍中。

 

 

 

 

【好きな作家】

不明

 

 

 

 

【主な愛読書】

  • 高野和明「ジェイサイド」・・・・品川祐さんから薦められて好きになった作品。読んだ後、2か月経っても興奮状態と大絶賛。
  • 道尾秀介「ラットマン」
  • レイモンド・チャンドラー「ロング・グッドバイ」

 

 

 

 

【読書データ】

  • 昔から読書をしていたわけではなく、始めたのは小説を書き始めてから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
お笑い芸人/モデル・小籔千豊さんの愛読書/好きな作家とは?

 

 

 

【好きな作家】

  • 三島由紀夫

 

 

 

 

【愛読書】

  • 三島由紀夫「永すぎた春」・・・・・三島作品の中で特に好きな作品
  • 三島由紀夫「潮騒」

 

 

 

 

【読書データ】

  • 家族が読書家で子供の頃から読書の素晴らしさを説かれてきたため、自身も読書好きになった
  • 子供の頃は小説家になるのが夢であった
  • 読書の良い点について「読書をするというとこは、人の考え方を知ることで他人の何倍もの人生を生きるに等しいところ」と語っている
  • 若い子たちには、人生とは厳しいことが多いので読書をすることを特に薦めている

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ 有名人の愛読書(男女お笑い芸人) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]