片山恭一「世界の中心で愛をさけぶ」

 

 

 

2001年発売。

ただし、2002年頃までは売れていなかったが、

2003年頃に入って驚異的な売り上げを記録し、年間2位にランクイン。

 

2004年に森山未來・長澤まさみ主演で映画化、

山田孝之・綾瀬はるか主演でTBSドラマ化されたこと、

映画版の主題歌「瞳を閉じて(平井堅)」の大ヒットなどにより、

日本中がこの作品に魅了される「セカチュー現象」まで巻き起こし、

単行本は300万部を超える歴史的なベストセラーに。

 

 

 

 

【小学館HPでの内容情報】

高校2年生の朔太郎と、恋人のアキ。

アキの死から、物語は始まる。ふたりの出会い、無人島への旅、そしてアキの発病、入院・・・・。

最愛の人を失うとは、どういうことなのか。

日本中を涙させたラブストーリー。

 

 

 

 

【部数情報】

単行本321万部(電子書籍版発売時点)

文庫版不明

 

 

 

 

ランキング情報

トーハン調べ 2003年度ベストセラーランキング総合2位

トーハン調べ 2004年度ベストセラーランキング総合2位

 

 

 

 

【この小説のファンである有名人】

  • 平井堅・・・・主題歌担当が決まって原作を読んで飛行機内で号泣してしまったことで有名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| カテゴリリンク→ ベストセラー(ラブストーリー小説) |この記事自体の単体URLはこちら
[カテゴリリンク]
[週刊誌表紙一覧]